悪玉コレステロールを撃退するための様々な方法

コンドロイチン

膝

コンドロイチンは、グルコサミン同様関節痛に絶大な効果を発揮する成分です。グルコサミンとコンドロイチンは同時に摂取することで相乗効果を生むとされています。なぜそのような効果を発揮するのでしょう。そして、コンドロイチンの特徴はどういったものがあるのでしょう。
コンドロイチンが持つ大きな特徴は、なんといってもその保水性にあるでしょう。軟骨にはプロテオグリカンという成分が主として存在しています。コンドロイチンは、そのプロテオグリカンの中の成分の一つとなります。コンドロイチンが水分を維持することで、栄養の循環が効率化されたり弾力性を持つことができているのです。コンドロイチンによって、関節がスムーズに動くと言っても過言ではありません。
では、グルコサミンとコンドロイチンの違いについて見てみましょう。グルコサミンの大きな特徴は軟骨の修復や再生、そして強化という部分にありますが、その一方で、コンドロイチンは軟骨の破壊を抑制する働きをします。この二者は、その役割が効果的に分担されているのです。この点が、グルコサミンとコンドロイチンの同時摂取が奨励されることに繋がっています。
また、この二者を語るうえで見逃せない点は、双方の大元であるプロテオグリカンによって繋がっているという点でしょう。グルコサミンはプロテオグリカンの原料です。そしてプロテオグリカンはコンドロイチンを含んでいます。双方を同時に摂取することで、効率的な成分の生成が期待できるのです。